読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のの子のつぶやき部屋

BLとかBLとかBLとか。少女漫画とか。他にも。ただの萌え語り。基本ネタバレ。

【一般小説】高村薫『李歐』男同士の至上の関係とは

 春。桜の季節なので、李歐のエントリーです。

 以前ブロマンスを考えるというエントリーの最後に載せていた内容ですが、分けました。

 

 高村薫布教補完計画です。

 私もタカムラーになったのが最近と言えば最近…でもないか。初めて読んだのは高校生の時で古本市で買ったリヴィエラを撃てが最初でした。

 

リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)

リヴィエラを撃て〈上〉 (新潮文庫)

 

 

 けど、高村さん最近はエンタメ書かないし、寡作だしなかなか出会う機会がないよね高村薫

 なので、身近な人に高村薫をとにかく布教しまくっています。普通のBLに飽きたらこれ読んでみてって。

 甘くないBLが好きという人は多分楽しめると思う。

 いや…李歐は甘いか?高村作品の中では最高の糖度を誇ってるけど、これを一般的BLに置き換えたらやっぱり甘くない…と思う。

 

 

李歐 (講談社文庫)

李歐 (講談社文庫)

 

 

内容紹介
李歐よ君は大陸の覇者になれぼくは君の夢を見るから――

 

惚れたって言えよ――。美貌の殺し屋は言った。その名は李歐。平凡なアルバイト学生だった吉田一彰は、その日、運命に出会った。ともに22歳。しかし、2人が見た大陸の夢は遠く厳しく、15年の月日が2つの魂をひきさいた。


『わが手に拳銃を』を下敷にしてあらたに書き下ろす美しく壮大な青春の物語。

 

とめどなく広がっていく夢想のどこかに、その夜は壮大な気分と絶望の両方が根を下ろしているのを感じながら、一彰は普段は滅多にしないのに、久々に声に出して李歐の名を呼んでみた。それは、たっぷり震えてかすれ、まるで初めて恋人の名を呼んだみたいだと、自分でも可笑しかった。――本文より

 

 以上がAmazonでの内容紹介。

 

 ……(^^)

 これBLの紹介文じゃあありませんよ!! 

 正直に言うと、私は非BLの一般作品をBLカテゴリとして読んだり評価したりというのが本当はあまり好きじゃない派なのだけど。

 だから最初は絶対に食わず嫌いする。本当は読みたいんだけど、なにか邪念が邪魔をしてくる。

 最近になってようやく心が広くなったので、別に他人がどう読もうといいじゃねえかと思い始め、そして読んだら最後自分も同じように萌えるんだろうし、という諦めも感じ始めている。

 それでもなんというか、どうしても多少の罪悪感はあるのだ。

 

 でも、高村作品にはなぜかはじめからそれが薄かった。

 作中グレーか黒のオンパレードなもんで、もうこれハードボイルドBLってジャンルでいいじゃん、と自分の中でなにかを超越してしまったのである。

 

 そう思って読むと、実に快感。もう読んでて悶えるくらい。実際李歐読んだ時奇声を発してベッドの上で転がりまわってた記憶がある。思い返すと我ながら本当に気持ち悪かったと思う。

 当時、読み終わった直後に書いた感想文が今でも残ってるけれど、これが今読むと本当に恥ずかしい。

 

 せっかくなのでここでその恥ずかしい感想文を一部紹介したいと思う。むかし書いたものってなんで読み返すとこんなに恥ずかしいのか。

 

 

『2008年4月27日 日曜日

 「李歐」高村薫 読了

 これは、一人の男が頂点へのし上がるまでの道を描いたサクセス・ストーリーだ、と私は思った。だが、それだけではなく様々なものが入り乱れ、あやしく薫ってくる。そんな小説だ。

 読了してから5分と経たない今、この気持ちをなんと書いていいものか私にはわからない。とにかく、私の胸は溢れる感情で飽和状態にある。この息苦しい程の想いが喉につかえて言葉にならない。

 李歐。これは李歐の話だ。吉田一彰が綴る李歐の話だ。

 

(中略)

 

 李歐と一彰の関係に思いを馳せると涙が出そうになる。もう、思いっきり腐女子目線で読んだわけだけど、決してBLとして読んだわけではない。ないんだが、私の理想がここにある、と思った。

 

(中略)

 

 高村さんは本当にさり気なく男同士の関係を書く。別に狙ってるわけじゃないだろうにそのなんの気なさが逆に色っぽい。

 一彰にしても、男で自分のこと淫乱って普通言わない。性欲が強いとか色欲が強いとかじゃなく、淫乱って…。エロいだろ…。

 そして銃に欲情する男っていい。人を殺す道具としての拳銃ではなく、質量を持った鉄の塊としてとらえる。ひたすらその形状に酔う。女じゃなく、無機物に欲情する男ってなんかすごくいい。ストイックでエロい。

 エロさでいったら李歐より一彰の方がエロい。

 李歐もエロい。が、いやらしくない。一彰のほうがドロッとしたエロさを感じる。李歐は性格がカラッとしてるからかな?その見目の艶っぽさよりも、性格というか、突拍子もない言動だったり、歌うような言葉遣いだったり、非常な残忍性であったり、そういう中身のほうに惹かれる。

 そして、この小説の何が一番すごいかって、李歐と一彰の関係性だ。もう、私の理想がここにある。BL小説なんてなくたっていいわ。体の接触なんてなくたっていい。魂の繋がりなんだ。

 まだ、自分の中で二人のことがうまく飲み込めないんでなんともいえないけど、李歐と一彰は二人で一つだと思う。

 二人で同じ夢を見てる。同じ意識を持ち、心臓も共有してる。なにより、お互い心底惚れあってる。魂が同じ夢に共振し、震えている。

 読んでいて、一彰の変化が面白かった。李歐と会ってからは、生きながら死んでいた一彰が生き生きとしてくる。硬質で低温な文章からは浮いて見えるほどに。

 一彰の人生は李歐という存在によって大きく揺さぶられる。身も心も。ぐらぐらと。揺れる炎のように。波立つ水面のように。

 こういう不安定な男っていうのも好きだ。

 多分一彰は李歐と出会わなかったら自死か、あるいは殺されるか、いずれにしてもそう長く生きなかったと思う。生きる気力が一彰にはなかった。けれど李歐という得体の知れない、生気に満ち満ちた男と出会い一彰は変わる。

 それは劇的な変化だ。

 一彰は李歐に生を与えられた。そして二人は一つの生を分かちあった。

 それは李歐の魂が体を離れ、一彰のところまで来た時に決定的なものになった。それ以降、感覚として実感できるまでに二人は癒着する。一つになる。

 一彰の替わりに李歐が悲しみを負い、涙を流す。李歐の歓喜を一彰も同じように感じる。

 この関係を言い表す言葉がみつからない。唯一の存在としか言えない。

 愛なんて温いものでもなく、友情と言うには甘く、親愛と言うには少々激しい二人の情。やはり、恋と呼ぶのが一番近いのか。

 双子の男女が互いに血のつながりを知らずに出会った場合、お互い惹かれ合う傾向にあるという話を思い出した。

 李歐と一彰も、双子のように重なり合う魂同士が惹かれ合ったんじゃないだろうか。』

 

 以上。

 

 (^_^;)

 

 い、勢いって大事だよね。

 読み終わってすぐに、ずだだだっとノートに殴り書きした感想文だけど…。もう最初の書き出しから頭イカれてるのがわかる。

 完全に酔っている。あてられている。読み終わってからしばらくは、この文庫の表紙のように頭の中ピンク色だった。

 まあ、若かったんです…。

 

 恥ずかしいけど、この初めて読んだ時の感想って大事だと思う。読み返すと突っ込みどころ満載なんだけど、今また本編を読んだとして、絶対にこういう感想は出てこないから。その時の衝撃がそのままそこに書かれている。

 当時はこの関係性はなんて言ったらいいかわからないと書いていますが、今ならそういうのブロマンスっていうんだよ!と言える。当時の私に是非教えてあげたい。

 

 と、いうわけで。

 読んだこと無くて興味が湧いたら是非読んで下さい。李歐。最高に萌えます。