読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のの子のつぶやき部屋

BLとかBLとかBLとか。少女漫画とか。他にも。ただの萌え語り。基本ネタバレ。

【雑記】漫勉。萩尾望都の巻

 漫勉。第2シーズンがいよいよ始まりましたね。

www.nhk.or.jp

 この日を楽しみに待っていました。

 第2シーズン第1回は萩尾望都先生。少女漫画界の神。

 本当にNHK、浦沢先生、そして萩尾先生ありがとうございます(ToT)

 

 漫画家の作画風景を撮影して、その映像を見ながら浦沢直樹と漫画家が対談するという形式のこの番組。

 こんな番組に萩尾望都が出演とか、興奮するなという方が無理な話で。

 

 作画作業すごかった。御年66歳で、午後1時から深夜3時まで休みなしで描くって…。この方はプロを越えて、やっぱり天性の絵描きなんだなと思った。

 

 番組内での萩尾さんの生い立ちとか漫画を書き始めたきっかけとかは他の対談集とかでも読んだことあるから驚きはなかったんだけど。

 実際に話している萩尾さん見ていると、やっぱりこの方って基本「萌え体質」なんだなと実感。自分の好きなものを語りたいという人。その延長が漫画を描くということなのだろう。

 前から結構オタクっていうかマニアっぽい方だなとは思っていたけど、自分の中の萩尾作品の印象とご本人の性格が解離しているもので中々よくわからないと思っていたんだけど。でもやっぱり、理性よりは感情の人なんだなと納得した。

 

 勝手に理性タイプで、キャラとはコマとして動かしていけるタイプの漫画家だと思っていたけど全然そうじゃない。

 ストーリー構成が緻密すぎて、こんなん感情優先で感覚的にかけるものじゃないと思うけど、萩尾さんは多分理性と感情両方の人なんだと思う。

 なんというか…本当の天才。

 キャラ萌えしつつ、ストーリーも面白いものかけるってすごいことだと思う。キャラ愛が強い人はそっちにストーリーが引っ張られて収集付かなくなってくるパターンが多い。

 女性作家だと特にそう。なんだろうやっぱり母性なのかね?子どもに甘い親みたいな。

 

 萩尾さんの漫画ってストーリー先行で、そのレール上にキャラが居るから、一見キャラが作品内の舞台装置的に見えて(役割を割り振られている)すごく理性的に思えるんだよね。

 でも今回の番組内で萩尾さん何回も「キュンキュン」とか言ってるし、キャラへの愛情は強いはずなんだけど、なのにストーリーはキャラに引きづられていない。

 でも、実はそうじゃないのかもな。

 キャラに引っ張られても、更にそれを前提にするストーリー構成がうますぎるのかもしれない。だからバレていないだけなのかも。

 

 対談集だと、メッシュがすごく好きで、好きなキャラは描いてると何しててもかわいいかわいいって感じ、とあるし。

 逆にジェルミは最後までよくわからないままで終わってしまって、可哀想なことをしたとも言っていた。

コトバのあなた   マンガのわたし   萩尾望都・対談集   1980年代編
 

  対談集は多分これかな?

 

 

 しかし、可愛いと思うキャラや好きなことを萌え心のままに書いて、面白い漫画になるっていうところが萩尾さんが少女漫画の神と言われる所以だと思う。

 なんでそうなるんだろう。

 自分が好きなことって吸収するのはものすごく楽しいんだけど、いざ表現しようとなると結構しんどかったりするよね。同人で漫画描いてる人でも、描き上げるってだけで結構すごいと思う。

 ヲタ友だちと、たまに絵を描いてるとなんでこんな辛いのに絵なんて描いてるんだろうと思うって話になって、盛り上がったことがある。

 結局絵はかけるけど、書くこと自体は好きじゃないってことなんだろうな。描きあがったものを見た時は満足するんだけど、その過程が辛すぎる。でも自己表現の手段として今のところ絵を描くということしか選べないと。

 こういうタイプは漫画家には向かないですよね。だから楽しんでかけるというタイプのプロの漫画家はすごい。楽しくないのに描いてる漫画家はもっとすごい。

 

 今回作画はほとんどキャラの表情を描くシーンしかなかったけど、本当は背景とか小道具とか描いてるシーンが見たかった。今はアシスタントさんが書いてるのかな。萩尾さんが描くもので一番上手いのって自然物だと思う。

 

 

 番組中、少女漫画は演出過多だし、演技も過剰だし、舞台的という話があったけど。それを聞いて最近の萩尾さんの漫画の違和感が分かった気がする。

 いつからか、演技が固いというか決めポーズが不自然だなと思うことが多くなって、単純に萩尾さんの絵が変わったんだろうなと思ってたんだけど。そうじゃなかった。

 多分、萩尾さんが好きな舞台に影響されたんだと思う。

 初期の頃の萩尾さんの絵って、ものすごく奥行きがあって映画的だなーって思うんだけど、段々と年代を経るとキャラに寄ってきてる気がする。

 意識してそう書いてるっていうのはあるとは思うんだけど、私はキャラよりも、背景や空気感が全面にでてる萩尾作品の方が好きだ。

 ストーリーは変わらず面白いと思うんだけど…。

 

 というわけで、文句たれつつですが、萩尾さんの作業風景見られただけでももう満足ですはい。

 漫勉あと3回あるけど、五十嵐大介回楽しみ。ついにボールペン作画が見られる!