読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のの子のつぶやき部屋

BLとかBLとかBLとか。少女漫画とか。他にも。ただの萌え語り。基本ネタバレ。

【少女漫画】勝手にいくえみ綾セレクション BL(?)編その2『バラ色の明日 8話 何の因果か』

いくえみ綾 少女漫画

 勝手にいくえみ綾セレクションBL編その2

 そして、タイトル詐欺その2。BL編と描いてはいるものの、別に男同士でいちゃこらする話は一切ないのでご注意。

 

《何の因果か》

 小学館漫画賞も受賞した『バラ色の明日』収録の作品。

 

バラ色の明日完全版 1 (愛蔵版コミックス)

バラ色の明日完全版 1 (愛蔵版コミックス)

 

  何の因果かは完全版で3巻に収録。

 バラ色の明日はコミックス、文庫、完全版と3種も出てるけど、新しく買う人は絶対に完全版を買った人がいいです。完全版にしか最終話が収録されていないので。(コミックス、文庫化時点で最終話は描かれていなかったため)

 

 

 バラ色の明日は短編連作の作品集で、それぞれがちょっと普通とは違う恋愛をしているというのがこの作品群の共通点なのかな?と思う。

 意識的に「不思議」な恋愛がたくさん描かれている。

 主人公たちが好きになる相手はそれぞれどこか普通から逸脱している。双子の姉弟、取り付いた幽霊の彼女、母親の愛人だったかもしれない男、パパの愛人だという女の子、血の繋がらない父親

 何の因果か、は主人公の父親に恋してしまう男の子である。

 

あらすじ

 美大生の杏はある日突然告白してきた小南晴文と付き合っている。DNAに惹かれたというちょっとおかしな小南。彼はバイセクシャルだった。杏は彼を自宅に招き、家族と一緒に夕食を取る。そこで会った杏の父に小南は一目惚れしてしまう。まさにDNAに惹かれてしまったのである。

 そんな小南と杏とパパの三角関係?な話。

 

 小南(こなん)くん。

f:id:chishima:20151205121256j:plain

 バイセクシャル。付き合ってる彼女にこんなこと言われる。

f:id:chishima:20151205110456j:plain

 杏ちゃんのパパ。ちょっと変な人。陶芸家。

f:id:chishima:20151205121301j:plain

 杏ちゃんは元腐女子

f:id:chishima:20151205110534j:plain

 カミングアウト。

f:id:chishima:20151205121249j:plain

 

 この話に関してはストーリーのネタバレとか、ない。彼女のお父さんを好きになる男の子の話を彼女目線でみるという話。

 いくえみ綾の描く「ちょっと変わった」愛のひとつ。

 これを読んで、いくえみさんももし描いたらホモ漫画描いたことあるんでねえだろうかとちょっと思った。

 

f:id:chishima:20151205110546j:plain