読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のの子のつぶやき部屋

BLとかBLとかBLとか。少女漫画とか。他にも。ただの萌え語り。基本ネタバレ。

【少女漫画】勝手にいくえみ綾セレクション BL(?)編 その1『マイボーイバックホーム』

いくえみ綾 少女漫画

 トーチソング・エコロジーの感想見ていると、BL的に見ている人が結構いるみたいで。ですよねですよね、ってなる。

 でも、いくえみ作品には今までもガチだったりグレーだったり、濃い男の友情だったりと、BL的キャラクターが結構描かれていたりする。

 

 そんなキャラを作品と共にご紹介しようという、

 

 完全にただの私の趣味の回。

 

 とはいえガチなキャラはほとんどいないので、タイトル詐欺かもしれない…(^_^;) すみません。

 

 私も初期作品はちょっと絵があれで全部は読めてないので、読んだ範囲でのご紹介。

 あとキャラ紹介なのでストーリーのネタバレはできるだけしていません。

 画像乗っけてるので全部一気に紹介すると重くなるかなと思って、個別のエントリーで紹介していきます。

 では。

 

 

 古い順番に、まずは

《マイボーイバックホーム

 

 

 みつめていたい②に収録の短編。電子版も出ているよう。

 みつめていたいという作品はあんまり評判よくないみたいだけど、私は結構好きだ。男の子がカッコイイので。

 でも、今回の本題は表題作品ではなく、同時収録の方。

 このマイボーイバックホームという作品、超超超名作中の名作(個人的に)なのに、短編セレクションなどにも収録されずあまり一般的には知られていない(多分)だけどいくえみファンの間では人気が高い作品(多分)。

 

 あらすじ

 札幌の高校生、魚谷声子の高校にある日、童顔で、何故か前歯がかけている男子生徒が転校してくる。彼、池田は人見知りだといいながらすぐにクラスメイトとも打ち解け、魚谷とも仲良くなる。そして池田の隣にはいつのまにかクラスメイトのイケメン米ちゃんが張り付くようになる。普段はおちゃらけている池田のたまに見せる暗い後ろ姿が気になりはじめた魚谷。だんだん池田と親密になっていくが、いつも米ちゃんがその邪魔をしてくる。

『米ちゃんのビョーキはなおんないねえ』と魚谷の友人の冬里はいう。冬里は米ちゃんのことが好きで、池田は冬里の「ライバル」だった。

 

 作中はっきりとは明記されないが、どうやら米ちゃんはそうらしい(゚A゚;)ゴクリ

 

 その米ちゃん。

f:id:chishima:20151204121125j:plain

 しかし女子高生が陽水ってこの時代で普通なのか変なのかもわからない(^_^;)

 米ちゃんのモデルは江口洋介?ワンレンといえばキムタクか江口洋介くらいしか浮かばない。

f:id:chishima:20151204121226j:plain

 絵が古くても、90年代ファッションでもくっっっそイケメン米ちゃん…。LAWSONのコンビニ袋でさえ似合う。

f:id:chishima:20151204121241j:plain

 そんな米ちゃんが追いかける歯ヌケボーイ、池田くん。こっちは定番の奥田民生?ちょっと違うかな?

f:id:chishima:20151204121508j:plain

 池田くんは女子の強敵である。

f:id:chishima:20151204120944j:plain

 ⇩こう。

f:id:chishima:20151204121503j:plain

 チュー(未遂)。48年生まれ…。

 米ちゃん眼鏡。ピンぼけすんません。

f:id:chishima:20151204121449j:plain

 こうしてみると、本当にいくえみさんの描く男子っていい…。この辺から男子のかっこいい描き方が定着してくる感じ。

 そしていくえみ綾ファンは周知のことだけど、いくえみさんは男の子のキャラを描くときそのときにいくえみさんが好きだったり、話題になっている実在の芸能人をモデルに描くことがよくある。

 なので、奥田民生にハマっていた時は漫画の主役の男のキャラみんな顔がクマみたいな民生顔なのである。この期間結構長かったと思う。

 私が知った時の奥田民生はすでにただのおじさんという感じだったので、どうにもアイドル的扱いがよくわからず困惑した思いでが(^_^;)

 そんなわけで、この池田くんも系統的には民生顔に分類される。

  でも池田くんはもちょっとアイドルチックな感じでもあるような。光GENJIみたいな。 

 

 肝心のBL要素。だが。米ちゃんがそれっぽいというだけで、全然そういう展開にはならない。のっけからタイトル詐欺ですみませんm(__)m

 この池田と米ちゃんと加えて、主人公の魚谷と冬里の微妙~~な四角関係がもう絶妙なバランスで。ここがこの作品の一番おもしろい所。

 物語の最後の方で、この人物達の関係性について、え???どゆこと???みたいな種明かしがあって、意味がわかると…めっっっっちゃ萌える(それは私だけかもしれないけど)

 いやーまさにいくえみワールドみたいなオチで。よくわからないといえばよくわからない結末だけど、私は勝手にものすごい盛り上がった。

 ちなみにそのオチというのは米ちゃんと魚谷に関わることで、池田くんは関係ない。ここはちゃんと少女漫画してるなーと関心。

 でもそこにいたるまでが結構シリアス。

 池田がたまに暗い顔をするのは何故なのか。明るく振舞っているのに、どこか不安定な池田くん。

 彼の転校と過去には秘密が…。

 過去が明かされていく構成が見事で、本当に切なくて好きですこの作品(;_;)

 手紙というのが重要なキーワード。冒頭から誰からかわからない手紙の文章が差し込まれて、これは一体誰が書いたのだろう…と考える。

 それは物語の中でだんだんとわかっていく。

 

 

 いくえみファンなら読んで損はない作品。

 BLファンな人にはちょっと物足りないかな…?でも、そんなのは置いといてもいい作品なので機会があれば是非手にとって見てください。

 

 表紙の絵が見開きでうまく撮影出来なかったのでいくえみ綾worksの一覧から、と思って見てみたら驚愕の事実。米ちゃん米原っていうんだ…本編で出てたかな?気づかなかった。

 ってか男の名前の手紙が届くっていうのも伏線だったんだな。そりゃ米ちゃんもそわそわしちゃうよね。

f:id:chishima:20151204131239j:plain

 

 ってかibooksでこの作品のプレビュー画像あったけど、直球のネタバレすぎて吹いた。よりによってなんで核心部分の画像なんだ。

 ネタバレしたくない人は見ないほうがいいです(^_^;)