読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のの子のつぶやき部屋

BLとかBLとかBLとか。少女漫画とか。他にも。ただの萌え語り。基本ネタバレ。

【BL】最近読んだものまとめ 3

BL ありいめめこ ぱんこ。 山田2丁目 左京亜也 平喜多ゆや

ネタバレ注意。

例のごとく言いたい放題の感想ですのでご注意を。

 

 

ありいめめこ『ひとりじめマイヒーロー4』

ひとりじめマイヒーロー 4巻 (IDコミックス gateauコミックス)

ひとりじめマイヒーロー 4巻 (IDコミックス gateauコミックス)

 

  シリーズも4巻目。BLとしては結構長い方だと思う。

 CPとキャラ受けがいい作品なので人気なのもわかる…。でも流石に今回は突っ込まざるを得ないストーリー…。いやすごい好きなんだけどね、この作品。つまらないわけじゃないんだけどね…。

 勢多川と康介の仲は相変わらず甘々だったり、突然どっちかが情緒不安定になったりでグラグラ。

 3巻で伏線のような描写があった夏生とのあれこれは4巻では解決せず次巻に持ち越し。思わず、え?ここで終わり…???と声出ましたよ。

 でもこのシリーズ好きなんだよなー。

 勢多川が可愛い。なんかもうそれだけでいいよ。

 CPとキャラ萌えだけで読める、わたしの中ではある意味貴重なBL漫画。

 

ぱんこ。『もっと!ひねくれチェイサー』

もっと!ひねくれチェイサー (IDコミックス gateauコミックス)

もっと!ひねくれチェイサー (IDコミックス gateauコミックス)

 

 

 シリーズ2巻目。更に続編ももう決まっているようで。2巻目で終わっててもスッキリしてるけど続刊は素直に嬉しい。

 ちょっとコアな話になるけど、一次創作小説界では、シンデレラの意地悪姉的ポジション主人公や、乙女ゲーのライバルキャラ的ポジション主人公や、BLでは愛され主人公をいじめる親衛隊主人公などは、一定の人気がある。脇役主人公というやつ。意地悪なあの子は実は裏では苦労してるのよ的な、ツンデレの亜種みたいなもん。

 一次創作BLの王道学園モノと商業は相容れない世界なので、創作界でどれだけこの手の設定が流行っても商業ではやらない。商業でやるにはあまりに設定が陳腐というか嘘くさい世界になりすぎる。そこの世界観のすり合わせが商業では多分できない。

 と、思っていたんだが。

 ひねくれチェイサー読んだ時ついにこのジャンルが商業BL漫画にキタ━(゚∀゚)━!とひとりテンション上がった。

 とはいえ、本当の非王道設定ではなくてちょっと脇役性悪主人公のエッセンスがある程度だけれども。

 本来であれば主人公ポジションにいるはずの可愛い愛されキャラを、嫉妬からいじめている、という主人公。普通に考えて性格が悪い。

 でも、主人公の受け、紘川はとにかく攻めの大和のことが好きで好きで仕方がない。昔、自分を助けてくれた大和は紘川にとってはヒーローで、憧れはどんどん膨らむ。だからそんな憧れの大和が守って可愛がっている幼なじみの岬が邪魔。紘川は強い嫉妬心を燃やして、大和の隣から岬を排除しようとしてちょっかいをかける。

 普通に考えて、性格がひねくれている。でも単純に紘川を性悪とは言い切れない。

 実は紘川は虚勢を張っているだけで、実はそんなに強い人物でもなくむしろ内面は吹けば飛ぶほどに不安定でナイーブ。岬をいじめるのもコンプレックスの現れなのだ。岬は誰からも愛され、好きな人に守られている。そこには、妬む気持ちや羨む気持ちの他に、自分は誰も守ってくれない、価値の無い人間だと感じている孤独感や無力感もある。

 こんなに弱いのに、素直に気持ちを伝えることも出来ずに、虚勢をはって変な方向にアピールして空回り。基本的にこの手のキャラは総じてちょっと頭が弱い。でもそこが可愛い。

 なんだかんだありつつも1巻で付き合うことになった二人は2巻目でようやく肉体的にも結ばれる。ってか1巻ではちゃんとエッチしてなかったんだね。

 BLではなんかエッチがゴールみたいなところがあるよね。

 2巻で結構まとまった感もあるけど、まだまだ掘り下げていけそうなキャラだし、ストーリーなので次も期待。

 

 

山田2丁目『だって魔王さまは彼が嫌い』

だってまおうさまは彼が嫌い (ドラコミックス)

だってまおうさまは彼が嫌い (ドラコミックス)

 

  そういえば、この設定も最近のネット小説というかラノベ系の流行りだよなー。

 現代に生きる勇者と魔王というやつ。

 2巻も出てるが、うーーーーん。つまらないって言えるほど面白く無いわけじゃないけど、続刊買うほどハマらなかった。男前受けばっかり描く作者さんなので嗜好はあってるんだけど。

 というか今確認したら、知らないうちに他の作品も買ってたくらいなんだけど。

 作家買いする作者ではないと思っているのに知らないうちに作品を買っているという謎現象。もうそれ好きってことなんじゃ…。

 でもこの人の漫画ってどんな内容だったっけって思い出そうとしてもいつも内容忘れてる。だから何回も初めて読んだ感覚で読めるという謎のお得感(と言えるのかどうかはわからんが)がある。

 でも今作は設定が特殊だったから、流石に忘れるってことはなさそう。

 

左京亜也『不機嫌彼氏のなだめ方』

不機嫌彼氏のなだめ方 (ディアプラス・コミックス)

不機嫌彼氏のなだめ方 (ディアプラス・コミックス)

 

  クロネコ彼氏シリーズのスピンオフ。クロネコシリーズは今作のキャラが出てくる愛し方の方は未読。なので、途中結構ストーリーすっ飛ばされてた感が。わかるように描いてくれてはいたものの、結構重要な場面がダイジェストになってしまった。

 まあ、ちゃんと本編読めってことですよね。

 CP的には本編の方よりもこっちの方が好き。執着攻めにひねくれ一途受け。うまうま。

 左京さんの絵ってそんなに顔とかは上手いなーって言える絵じゃないけど、体は本当に綺麗に描く。あとエロシーンのエロさね。

 今回の見どころはやっぱりなんといっても陥没乳首です(^^)

 

 

平喜多ゆや『ここにおいで、お兄ちゃん』

ここにおいで、お兄ちゃん (バーズコミックス ルチルコレクション)

ここにおいで、お兄ちゃん (バーズコミックス ルチルコレクション)

 

  表紙買い。茶髪の彼が受けだと判明した瞬間に買い。

 親の再婚で兄弟になった二人の話。主人公の礼史が3月生まれで弟になった詩伸が4月生まれ。学年は違うけど、ほとんど同い年。

 こういう細かい設定、いいよね。

 かわいい系の絵柄もほんわかしてて好きだなー。でもけっこうこの手の絵柄の人多くてどれが誰だかわからなくなる…。見分けが出来るほどちゃんと見てないんだなw

 ホワっとして絵の割にキャラが浮いてない。ちゃんと地に足ついてるキャラ。ものすごくリアルな言動じゃないけど、パンツ盗ろうとしたり、スマホで動画見ながら、イヤホン装着でオナニーしたり、こういう細かいキャラ付け設定がいい。セリフも自然な流れで自然な会話のやりとりで、口語や口調もちゃんと喋っている感じが出てる。個人的にこのしゃべり方がすごく重要で、自然であればあるほどいい。

 作者の漫画これしか読んでないが、じわじわくる系かなー。リズムが合う感じだし、他作品も読んでみたい。

 

 他にもいろいろ読んだけど、それは個別に書こうかな。