読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のの子のつぶやき部屋

BLとかBLとかBLとか。少女漫画とか。他にも。ただの萌え語り。基本ネタバレ。

【BL】最近読んだもの感想まとめ

 短い感想で終わるやつ。ちょっと辛口気味。

 

内田カオル『若様隠密帖 上巻』 

 

 

 この人はブレないなー。

 下巻もあるけども結構上巻でお腹いっぱいって感じです。私は作者のフェチズムを感じ取った瞬間に興奮するという謎の性癖がありますが、この人の漫画はもうフェチにあふれて尊敬するレベル。忍者衣装の防御力と機能性の無さにワロタ。もうお尻だすための衣装でしか無いという。もう忍者装束のエロさだけで満足。これでもかと作者の萌えが詰まった作品って感じで、これについていけてる読者ってどれくらいいるんだろう…とちょっと考えてしまった。私は若干置いてけぼりである…w

 

 

桜賀めい『無慈悲なカラダ』

 

無慈悲なカラダ (花音コミックス)

無慈悲なカラダ (花音コミックス)

 

  シリーズの中で唯一好きなCPの話だったけど、いつも同じような展開でしかもどうにもイマイチ盛り上がらずに読み終わっちゃうのでなんとなく消化不良。素材はいいからもうちょっと活かしたストーリー展開を期待したい。

 

 

扇ゆずは『STAR☆Knight スタア☆ナイト』『東京心中(1)(2)』

 

 

 

東京・心中 (1) (ディアプラス・コミックス)

東京・心中 (1) (ディアプラス・コミックス)

 

 

 続きが待ち遠しかった…。扇さんの他作品もちらほらと読んではいるけど、如何せんCPの当たり外れが多く、ちょっと購入するのをためらうことが多い。

 しかしこれは本当によかった。

 アイドル物ってどうしてもナマモノ想像しちゃって敬遠しがちなんですが、購入してよかった。

 とにかくCPが素晴らしい。受けの恭平も攻めの万里もどっちも可愛い。両方が超絶イケメンっていうのもいい。恭平の元ヤンで純情初心でしかも童貞という萌え要素と、万里の元遊び人だけど今は恭平を一途に想ってる(でも手は出す)というCPのバランスがたまらないっす。イケメン純情っていいよね。

 2作目で早くも結ばれてしまって、もう終わりなのかなーと思ったらまだ続くようで非常に嬉しい。

 ついでにこのCPの原型の方の恭平と万里が見たくて東京心中も購入。東京心中本編はマネージャーの千葉ちゃんの話。良くも悪くも普通のBLって感じでした。

 それより本編に出てくる恭平ばっかり見てました。ごめんねあきなちゃん。

 昔の方の恭平は千葉ちゃんに片思いするわがままアイドルって感じでちょっとキャラ変わってた。恭平、万里の番外編の『六本木心中』では恭平がチョロすぎてワロタ。

 本当に現シリーズのひな形って感じで連載前のジャンプの読みきり短編みたいな感じ。恭平が初体験を済ませてちょっとひねたキャラになっていたり、万里が今以上の腹黒キャラだったり細かい違いがおもしろい。総じて今のほうがより面白くなってるなーと思った。

 

 

おわる『純情ビッチ、ハツコイ系』

 

純情ビッチ、ハツコイ系 (バンブーコミックス Qpa collection)

純情ビッチ、ハツコイ系 (バンブーコミックス Qpa collection)

 

 

 電子版の広告に釣られたやつー。

 エロメインの割には結構面白かった。ただ何回も読むようなもんでもないという感じ。内容は見事にタイトルに集約されてる。

 エロメインのBLは総じて下らないと思っていた私だが彩景でりこさんの「チョコストロベリーバニラ」とはらださんの「変愛」を読んでからその認識を改めた。

 でもそのレベルまでエロスを追求してるBLは残念ながらあまり無いのよね。

 私的に思うのは、デッサンがしっかりしてないとエロが成り立たないということ。おわるさんも絵はうまいんだけどデッサン力はあまり無いし、体も女体に近い描き方するからBLとしてのエロさに欠ける。多分柔らかい体つきが作者的萌えなんだろうけど、読んでるといかにも中途半端で男性向けを読んでるような気にもなってくる。よくも悪くも消費型BLって感じ。読んだ後に残るものはない。

 

ゆき林檎『玉響』

 

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)

玉響 (H&C Comics CRAFT SERIES 62)

 

 

 評価がものすごい高かったから期待したけど、期待したほどのものは得られなかった。普通の王道BLが好きな人にはドストライクなのでは無いかと思う。私は変化球を好むタイプなもんでちょーっと物足りなかったなー。主人公も攻めも結構冷静なタイプだった所為か全体的に温度感が低い感じで、個人的には盛り上がるべきところでもあんまり盛り上がらないという印象。

 あと、どうしても高尾滋の『ゴールデンデイズ』と比べてしまって、大正ロマンなら向こうのほうがいいなーと思ってしまった。

 

 

ハヤカワノジコ『夜空のすみっこで、』

 

夜空のすみっこで、 (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 141)

夜空のすみっこで、 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 141)

 

  ヴィレヴァンで表紙買い。カラーイラストがものすごく綺麗。

 漫画の内容自体は好みのCPでもなく、キャラも煮え切らず、ストーリーも地味であんまり盛り上がらない。

 絵はうまいけど、どこか既視感があってオリジナリティには欠ける絵柄。(秀良子と市川春子を足して2で割ったような感じ)

 でもとにかくコマ割りと構図に凝ってて、セリフの吹き出しにしても独特でページを引きで見た時の画面の収まりがすごく面白い。コマを目で追ってるだけで満足。これでストーリーとキャラがガンっと来るのがあれば完璧。

 

 湖水きよ『馬鹿で愚図は大嫌い』

馬鹿で愚図は大嫌い (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 163)

馬鹿で愚図は大嫌い (H&C Comics ihr HertZシリーズ 163)

 

 

 この漫画なんか惜しい。

 イケメンでやろうと思えばなんでも人並み以上にできる。当然モテる。でもずっと兄の親友だけを追いかけている受け。萌え要素しか無いはずなんだが、あまり萌えなかった。絵はうまいし綺麗で、良く言えばスタイリッシュ。悪く言えば、表情があまり無い絵。なのに人物や顔のアップのコマが多くて背景がほとんどないから、画面が単調。絵がうまいだけじゃ漫画は面白くないんだなー。

 

 

 ちょっと小言が多い感想でした…。以上。